口臭

喫煙者の匂いのエチケットについて

私は喫煙者です。家でも外でもタバコを吸います。タバコを吸った後には、服やズボン、スマホなどの持ち物や、皮膚や髪の毛に匂いがまとわりついてしまいます。
吸った本人は何食わぬ顔で街を歩いていても、タバコを吸わない人や匂いに敏感な人からすると、不快感を与えてしまい、スメルハラスメントになってしまいます。

タバコといっても、電子タバコから水タバコ、紙巻きタバコまで数多くの種類があります。
私の吸っているタバコは紙巻きの洋モクのため、匂いがきつい部類のタバコになります。
ですので、エチケットには私なりに気を使っております。会社で吸う場合は、一回の休憩で一本だけです。

本数を増やしてしまうと、匂いがしつこく残るためです。
そして、吸った後は、アロマの香りのエアスプレーで、髪の毛や顔、肩、腕、脇、背中、ズボン前後ろ、襟の中、袖の中などを3回ずつくらい隈なく消臭します。

そして、洗面所で、石鹸でよく手を洗って手についたタバコの匂いを取ってから、うがいを2、3回やります。そして、歯磨き粉を多めにつけて歯を磨き、続いて舌も磨きます。
その後うがいを2、3回やった後、自分で口臭チェックして、まだ気になるようならガムを噛みます。
しかしながら、これ程入念にやっても気付く人はタバコの匂いに気づいてしまうので、喫煙者にとって匂いのマナーは、永遠の課題のように思えてしまう今日この頃です。